Skip to the content.

m5

IoT Code Examples for ESP32, M5Stack, M5Stick C, M5Stick C Plus, ATOM, ATOM Lite

サンプル集

ESP32開発ボード ESP32-DevKitC, モジュール ESP32-WROOM-32, M5Stack, M5Stick C, M5Stick C Plus, ATOM Lite に対応したサンプル・プログラム集です。

本コンテンツの最新版とダウンロード方法

最新版の保存先
- https://bokunimo.net/git/m5/

ダウンロード方法(GitHubから)
- git clone https://bokunimo.net/git/m5/

実行画面ex00~07

主なフォルダ名、プログラム名

本レポジトリに収録した主なプログラムのフォルダ名、ファイル名の一覧を示します。

フォルダ名 内容
atom M5Stack製 ATOM / ATOM Lite / 通常の ESP32-WROOM-32 用
core M5Stack製 Core 用
stick_cplus M5Stack製 M5Stick C Plus 用
pictures 関連画像ファイル
tools 関連ツール
LICENSE ライセンス内容(MITライセンス:要権利表示・無保証)

基礎編

フォルダ名 内容
ex00_hello Arduino IDE インストール後の動作確認用プログラム
ex01_led LED制御用プログラム。HTTPサーバ機能によりブラウザから制御可能
ex02_sw 押しボタンの送信プログラム。ex01_ledのLEDの制御やLINEへの送信が可能
ex03_lum 照度センサの送信プログラム。照度値をクラウド(Ambient)に送信しグラフ化が可能
ex04_lcd 小型液晶への表示プログラム。ex02、03、05の送信データの表示が可能
ex05_hum 温度+湿度センサの送信プログラム。家じゅうの部屋に設置すれば居住環境の監視が可能
ex06_pir 人感センサ・ユニット(PIR Motion Sensor)を使ったWi-Fi人感センサ用プログラム
ex07_gps GNSS/GPS位置情報を送信する位置情報送信プログラム
ex08_ir_out 赤外線リモコン・ユニット(IR Unit)を使ったWi-Fi赤外線・リモコン用プログラム
ex09_talk Wi-Fiコンシェルジェ[音声アナウンス担当]音声合成 AquesTalk Pico LSI ATP3012用

応用編

フォルダ名 内容
ex11_ble_scan Bluetooth LE のアドバタイジング送信数を数えるBLEビーコン・センサ
ex12_janken Webインタフェース HTTP GET でクラウド・サーバとジャンケン対決します
ex13_daruma 人感センサ・ユニット(PIR Motion Sensor)を使った だるまさんがころんだ ゲーム
ex14_mogura インターネット上でランキング競争 M5Stackのボタンを使った もぐらたたき ゲーム

実行画面ex11~14

Arduino IDE 用の ESP32 開発環境のセットアップ

ESP32開発ボード( ESP32-WROOM-32 搭載)で使用する場合、下記の手順で開発環境をセットアップし、 「atom」フォルダ内のサンプルを使用してください。

atom フォルダ : ESP32開発ボード ESP32-WROOM-32 対応サンプル
  1. Arduino IDE (https://www.arduino.cc/en/software/) をインストールする。
  2. Arduino IDE を起動し、[ファイル]メニュー内の[環境設定]を開き、「追加のボードマネージャのURL」の欄に下記の「安定版」を追加する。

    安定版

    • https://raw.githubusercontent.com/espressif/arduino-esp32/gh-pages/package_esp32_index.json

    開発途上版

    • https://raw.githubusercontent.com/espressif/arduino-esp32/gh-pages/package_esp32_dev_index.json

    参考文献

    • https://github.com/espressif/arduino-esp32 (最新情報)
    • https://docs.espressif.com/projects/arduino-esp32/en/latest/installing.html (情報が古い場合があるので注意)
  3. [ツール]メニュー内の[ボード]からボードマネージャを開き、検索窓に「esp32」を入力後、esp32 by Espressif Systems をインストールする。

  4. [ツール]メニュー内の[ボード]で ESP32 Dev Module を選択する。

  5. M5Stack Atomの場合は、[ツール]メニュー内の[Upload Speed]で115200を選択する。 その他のM5Stack/M5Stickの場合は、M5Stack社のインストール方法を参照してください。

by 国野 亘 Wataru KUNINO


git.bokunimo.com GitHub Pages site

http://git.bokunimo.com/
—————————————————————-